老後破産の予備軍だった私が
わずか3ヶ月後に預金額が2000万円増えて思った事

【PR】リビン・テクノロジーズ

“ゆとり”のある老後を送るためには約3,360万円必要

現代人の寿命が長くなったことの裏返しで破産する老夫婦が増えているのはすでに耳にしているだろう。

その証拠に、超大手の車メーカーが『65歳まで面倒見るのは多分無理です』と言ったかと思えば、

同じように超大手の銀行が『”副業解禁するので自分でお金稼いで下さい”発言』。

ダメ押しとなったのは、金融庁の『国民全員の老後の面倒を見るのは無理っぽい。老後2000万円は自分で準備してね』である。

はっきり言って、年金も退職金も当てにならない。

これは50代にもなると結構な恐怖を感じる。

どう考えても老後のお金が足りなくなるという現実に気づいた私(52)は、お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談する事にしたのである。

思い描いた老後生活は「こんなはずじゃなかった…」

貯金が約800万円ありますが、定年後の70歳には貯金が無くなるかもしれません。
えっ。贅沢もせずに貯金してきたのに、長生きするほどお金が足りなくなるんですか…
ご夫婦で20〜22万円ほどは年金がもらえると思いますが、家のローンの残りや劣化による修繕費用、それに車の買い変えも。嫌な話ですが配偶者の病気や介護も視野に入れなければなりません。

これが現実である。

逃げれない問題が、もうすぐ近くに来ているのだ。

想定外の出費が必ずありますので、もう2000万円程度の貯金があるといいのですが…。
旦那様の退職金の目処はありますか?
そんな…。昔は景気が良かったのですが、年々業績が落ちている業界ですので、退職金で2000万円は難しいかと…。
そうでしたか…。
あの…死ぬまで働けば大丈夫なんでしょうか。
もちろん、収入が継続できるのは強みになります。ですが、ご主人がいつまでも元気に働ける保証はありません。奥様のためにも頑張って工面していきましょう。
そこで1つ、ご提案したいことがあります。
ご提案?何でしょうか。
あの…少し言いにくいのですが、夫婦二人で住むには、お家が広すぎませんか?
えっ。それはつまり…

不動産価値を把握すれば老後破産が防げる?

子供2人のためにと思い切って購入した2階建てのマイホーム。『この思い出の詰まったお家を売ったほうがいい』という提案だった。

自宅も守れないなんて妻に申し訳ない。少し苛立った後に急に虚しさがこみ上げてきた…

しかし!ここで想定外の出来事が起きる。

以外や以外。なんと持ち家の売却に妻が乗り気になっているではないか。

妻いわく、子ども達2人が自立してから2部屋も余っているし、庭のお手入れも大変。スーパーやドラッグストアまで徒歩15分。

今のお家が嫌いなわけでは無いが、老後の生活の事を考えると生活しづらいと思っていたんだそう。

お子さんが自立したタイミングで『サイズダウンさせる住み替え』で、老後の資金に大きな余裕が出た家庭はたくさんいらっしゃるんです。
すぐに決断できなくても構いませんので、自宅の売却価格だけでも調べてみませんか?

そう言われると、自宅の価格は確かに気になる…

でも我が家は築23年で立地も中途半端。本当に満足できる値段で売れるのでしょうか?
あと5年以内には外壁の補修も必要になるだろうし。
今はオリンピックの影響で不動産価値が高騰中。低いと思っていたお家が思わぬ高値で売れることもあります。中には買った金額より高くマンションが売れたという人もいるほどです。

事実、昨年の国土交通省から発表された地価公示。全国平均住宅地は昇2年連続で上昇

なんと、地方圏住宅地も27年ぶりに上昇に転じていたのである。

買ったときより高くなるなんて、正直信じられないです。
その気持ちも分かります。でもこれは本当の話で、不動産が高く売れるのには2つの要素があるんです。まず1つめは『タイミング』です。

知らなければ大損してたかも…不動産の落とし穴!?

最新(2019)の『不動産流通業に関する消費者動向調査』では、家の買い替えによるプラスの売却差が出た世帯がなんと、全体の37.8%。

約40%も家を買ったときより高く売れたって事ですか!?(驚)
はい。ですが、高値がつきやすいのは東京オリンピックまでとも言われています。
今年というタイミングを逃したら損するかもしれなんですね…
あと、もう1つ。お家の売却を成功させるのはポイントは『依頼する不動産会社』です。各不動産会社によって、得意とする物件が全く違うんです。

 

不動産会社ごとに物件の「価値の捉え方」が異なり、売却価格が30%高くなったり反対に低くなったりするのはザラなんだそう。

中には知識ない人を狙った悪徳業者もいて、1社の査定額を鵜呑みして「最低価格で家を手放してしまった…」という売却の失敗もあるので注意が必要なんです。
複数の会社から査定をもらえばいいって事なんでしょうか?
実は、ネットで簡単に調べることができるツールがあるんです。

やらなきゃ損!自宅の価値を簡単に知る方法!?

テレビCMでおなじみの大手不動産会社から地域に密着した会社まで、多くの査定額が一度に出せる『リビンマッチというサイトのツールを教えてもらった。

全国約1400社の中から最大6社までの査定額を見積もり比較できる。

「マイホームの価値を正確に知りたい」という多くの方から支持されていて、利用者が440万人も突破しているそう。

不動産会社を厳しく厳選しているサイトのため、悪徳業者は一切なし。

まだ、100%売ると決めてはいないのですが、このツールを利用しても大丈夫なのでしょうか?
もちろん無理に売らなくて大丈夫です。査定のみでも安心してご利用いただけます。

最高額と最低額の差が1,000万円も!?

約1分で無料査定が終了した。

もちろん地方や田舎だろうと関係なし。

想像していた以上の値段だった。

このサイトを実際に使ってみると分かるのだが、査定額の差には驚く。

もし自分で探した不動産屋だけを鵜呑みにしていたら損していた可能性がかなり高いなと思った。

そこから3ヶ月後の今。私達夫婦は2LDKの中古マンションに住んでいる。

マイホームの売却資金を元に住み替えたのだ。前の家よりもコンパクトではあるが、二人で住むには十分である。設備や立地も文句なし。

今では『持っている土地や自宅を死守しなければいけない。』というのは昔の考えなんだなと思うようになった。

800万円だった貯金額も2000万円を少し上回っている。

「お金の不安が無い人生は、こんなにも晴れやかなんだ」と実感している。

・今の自宅が広すぎる
・老後の生活は大丈夫か?
・老後の資金・ローンが心配

そんな方は「マイホームの価値を知っておく事」からはじめてみてはいかがだろうか。

【リビンマッチ公式】https://lvnmatch.com/

最後に

私が利用したツールを使えば『価値を大きくつけてくれる不動産屋さんに出会う』のはそう難しくない。

この住み替えの成功は『タイミング』が大きかったと思う。

2020東京オリンピック、日本の人口の減少。

「1年後には価格が暴落する恐れが…」なんていう話も耳する。

今年が絶対にチャンス。私は今、同世代の仲間に「このチャンスは絶対に逃すな」とオススメしている。

もはや使わない手はないツールだと思う。

【リビンマッチ公式】https://lvnmatch.com/

 

 

運営者情報